/

大森信和。

1951年9月3日、熊本県人吉市生まれ。
中学高校時代、ビートルズのシングル・レコードは、すべて発売日に購入。
1970年
大学進学で福岡に住む。そこから、フォーク、ロック、ブルースと、彼のバンド人生がスタートする。1973年
デビューを控えた甲斐よしひろがバンドを結成。ギタリストして参加。
1974年
甲斐バンドのギタリストとしてメジャー・デビュー。
メロディアス、そして官能的なチョーキングからなる彼のギターは、楽曲に独特の息吹きを加え、バンドのサウンドの中核を担った。また、ライブでは甲斐よしひろの傍らでエネルギッシュにバンドを引っ張り、数々の名演を残。1986年 バンド解散後、レコード・メーカーでプロデューサー活動を開始。この時期、「BEGIN」などを手掛け、厚い信頼を得る。
1994年
所属をメーカーからプロダクションに移し、フリーに近い活動となる。この時期、THE BOOM、SAYOKO、小野リサ等、海外とくにジャマイカやブラジルなどの、いわゆるロックとはひと味違うシーンでの活動が続く。
1995年
元ARB、甲斐バンドの田中一郎の「KIT 16」結成に参加。前年末に体調を崩したが、奇跡的に回復。さらなる発展は演奏活動しかないとの判断により参加。
1996年
甲斐バンド再結成。CD、ライブDVD、写真集など、一大プロジェクトとなる。その後、完璧とはいえない体調の中、新人の育成を中心に活動。また、音楽の専門学校の講師として、ロックのアンサンブルの授業を担当。
2004年
7月5日、永遠の眠りに就く。
2005年
7月2日、追悼ライヴ『偲ぶ・大森信和 Guitar festa.』開催。
2005年
7月5日、追悼アルバム『NOBU 335』発売。
2006年
7月5日、追悼アルバム第2弾『SKY WAS BLUE』発売。

MMRecords

© 2020 by MMrecords

  • MMRecords公式
  • MMRecords Youtube
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now